保険の無料相談

\保険の無料相談なら!/

トップページ

保険の無料相談ならほけんの窓口や、保険見直し本舗がおすすめです。

保険を見直したほうがよいと分かっていても、手続きが大変そうだからと先の先延ばしている方はいませんか?

ほけんの窓口保険見直し本舗なら、専門家が比較、見直し、加入手続き、給付金等の請求まですべて無料で対応してくれます。

三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞))になってしまったら高額な治療費がかかります。

がんの手術の場合、内視鏡などでの手術の場合は30万円程度、一部切除となる場合100万円を超えることも珍しくありません。

とはいえ、これらの手術には健康保険が適用されるため3割負担で済みますし、高額療養費制度の手続きをすれば毎月の支払は10万程度に抑えることはできます。

その程度でおさまるならわざわざ見直さなくても…と思われた方、ハッキリ言って甘いです。

抗がん剤などの治療が始まった場合、治療費はもちろんのこと、治療中は副作用などが影響して仕事ができないなどといったリスクも出てきます。

また、高度先進医療を受けることになった場合、公的医療保険の対象外のため全額自費で支払わなければなりません。

これはがんに限ったことではありません。
脳卒中の場合、障害が残ってしまう可能性もあります。

障害が残ってしまった場合、治療やリハビリが長期化することが多く、収入減少のリスクと治療費のリスクが大きな負担になるということも十分考えられます。

手続きが大変そうだからと保険の見直しを先延ばしにしている方は、今すぐ、保険の無料相談に行かれることをおすすめします。

ほけんの窓口や保険見直し本舗なら、面倒な手続きは全て専門家が対応してくれます。しかも費用は一切かかりません

病気は突然あなたを襲います。
先延ばしにしていても健康でいられる保障なんてどこにもありません。

\保険の無料相談といえば!/

速水もこみちでお馴染み!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国631店舗約35社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 来店型保険ショップ店舗数NO.1!
  • 24時間ネットで簡単予約

【ほけんの窓口の相談の流れ】
ほけんの窓口は、電話かインターネットで無料相談予約→意向の整理→保険選びの情報提供→意向の再整理→申し込み手続き→契約内容の再確認(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険選びの情報提供を受けた後でも、現在加入中の保険が本人のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。

【安心の輪サポート】
安心の輪サポートとは、加入後の各種手続き(保険金・給付金等の請求、契約情報の変更等)を1つの窓口で受け付けしてくれるサービスです。
定期的に加入中の保険を確認することができる、安心の輪定期便の発行も行っています。


亀梨和也がCM出演中!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国254店舗約40社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 契約実績100万件以上!
  • 各種変更手続きも一元管理でサポート

【保険見直し本舗の相談の流れ】
保険見直し本舗は、フリーダイヤルかインターネットで無料相談予約→保険の診断+アドバイス→保険のプランの提案→申し込み手続き→各種変更手続きも一元管理でサポート(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険が全くわからないという方でも、基礎からきちんと説明してくれますのでご安心ください。

【情報管理の一元化】
保険見直し本舗はすべて直営店舗です。
引っ越しなどで利用していた店舗への来店が難しくなっても、新居の近くにある保険見直し本舗の窓口にてこれまで通り相談することが可能です。

まとめ

保険の無料相談といえばココ!信頼できる保険の代理店をご紹介します。

はじめての保険の無料相談Q&A

保険の無料相談に行ってみたいけど、保険の知識がなくても大丈夫かな? 手続きが大変そう…と思われている方も多いかと思います。
まずは保険について、そして保険の見直しや比較について知ることが重要です。
保険の無料相談に関する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.ほけんの窓口や保険見直し本舗はどうして無料なのですか?

A.保険会社から支払われる契約手数料等で運営しているためです

ほけんの窓口保険見直し本舗などといった保険の販売代理店は、提携している保険会社からの契約手数料で運営されていますので、相談者は無料で利用することができます。

Q.保険料を安くしたいのですが

A.保険を見直すことで安くなる可能性があります

現在加入している保険が自分に合った保障額なのかということを確認することが大切です。まずは、ほけんの窓口保険見直し本舗にて相談されてみることをおすすめします。

Q.ほけんの窓口を利用すると、直接加入するよりも保険料が高くなったりしませんか?

A.なりません

同じ保障内容で同じ保険商品なら、直接加入手続きしてもほけんの窓口保険見直し本舗で加入しても、保険料は一切変わりません。

Q.保険を無理にすすめられるということはありませんか?

A.ありません

現在加入中の保険がライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。無理な勧誘はありませんので安心してご利用ください。

Q.加入している保険が自分に合っているか確認してもらうだけってダメですか?

A.問題ありません

加入中の保険の確認や相談のみでも大丈夫です。

Q.現在保険に加入していないのですが相談にのってもらえますか?

A.大丈夫です

Q.相談に行く際には予約したほうがよいですか?

A.予約をおすすめします

予約者優先のため待ち時間が出来てしまう可能性がありますので、事前に予約をしておくことをおすすめします。

Q.子供と一緒でも相談できますか?

A.大丈夫です

店舗によってはキッズスペースがない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q.自宅で相談にのってもらうことはできますか?

A.大丈夫です

育児・介護等で来店が難しい場合、自宅や職場等で相談にのってもらうことができます。(一部、対象エリアあり)

訪問の場合でも相談料や交通費はかかりませんので安心してください。


Q.生命保険にはどんな種類がありますか?

A.死亡保険、医療保険、収入保障保険等があります。

Q.死亡保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種です。一定期間の保障が続く定期保険と、終身保険等があります。

Q.医療保険とはどういう保険ですか?

A.入院・手術等による医療費に備えるための保険です。差額ベッド代や入院中の生活費等、入院時にかかる費用にも備えることができます。

Q.収入保障保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際にご家族等保険金受取人が保険金を毎月のお給料のように受取ることができる保険です。

Q.がん保険とはどういう保険ですか?

A.がん(悪性新生物)による入院や手術、また通院治療の保障に特化した保険です。

Q.がん保険は入っておいた方がよいですか?

A.加入の検討をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになると言われています。親族にがんなったという人がいたり、喫煙をされている方は特に加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険に入っていればがん保険はいりませんか?

A.いいえ

医療保険でも給付金を受け取ることが可能ですが、保険料が同等の場合医療保険のほうががん保険に比べて給付額は少ないため、がんの特約を付けておいた方が安心です。

Q.妊娠したら医療保険には入れませんか?

A.いいえ

ただし、妊娠がわかってから加入した場合や、5年以内に帝王切開をしたことがある場合等、妊娠・出産の給付に制限がつくことがあります。

そのため、医療保険の検討をしている女性は、独身時や妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

Q.出産を考えていますが、女性保険に加入したほうがよいですか?

A.加入をおすすめします

出産にはリスクがあるため女性保険に入っておけば金銭面で安心できますし、入院が長引くケースも考えられますので加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険と女性保険どちらがよいですか?

A.医療保険でも、女性特有の病気になった際に保障を受けることができますが、女性保険のほうが女性にとって手厚い保障内容になっていますので比較することが大切です。

Q.傷害保険とはどんな保険ですか?

A.損害保険会社が扱うケガや事故に対する保険で、外部の原因によって肉体に傷害を受けた際に一定金額がもらえる保険です。

死亡保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金があります

Q.生命保険は若い内に入っておいた方がいいって本当ですか?

A.本当です

生命保険は、健康状態などの理由によって加入できない場合がありますので、若く健康なうちに入っておくことをおすすめします。

また、生命保険の保険料は年齢によって変わっていく(年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるから)ため、保険料が安くなるというメリットもあります。

Q.若い人でも保険は必要ですか?

A.必要です

病気のリスクは低くても、思わぬケガや事故のリスクは高い傾向にありますので、保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.独身でも保険は必要ですか?

A.必要です

自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、医療保険やがん保険の加入をおすすめします。

治療費をはじめ、仕事を休んだ場合の収入減や、生活費の確保などを考慮して保障を選びましょう。

Q.専業主婦でも保険は必要ですか?

A.必要です

旦那さんが介護することになった場合に起こり得る休職及び収入減や、小さいお子さんがいる場合には保育園や託児所、シッターなどを利用することになるかもしれませんので、万が一に備え保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.アルバイトやパートでも保険に入れますか?

A.加入できます

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員の方でも、保険に加入することはできます。

商品によっては保障額に制限が出たり加入できない場合もありますが、入院になった場合、収入がなくなってしまいますので、保険に加入しておくことで安心して治療に専念することができます。

Q.高齢者でも保険に入れますか?

A.加入できます

年齢の上限は各保険商品や保険会社によって異なります。

Q.無職でも保険に入れますか?

A.入れません

被扶養者や、一定の収入源がある人は保険に加入することができますが、収入源のない無職の人は保険に入ることはできません。

保険の無料相談を考えているときに役立つコラム

世間でどれほどの人が保険のプロのところへ相談に行っているためしょうか。業績を調べますと一社の利用者数だけでも年間十万人を超える沿うです。
このことは人々の関心が高いという一方で、専門家の知識が必要なほど複雑な仕組みをしているとも言え沿うです。

会社ごとの評判を調べてみますと、訪問型では特に保険マンモス、一方来店型ではほけんの窓口の会社名をよく目にします。多くはFPさんの質にこだわっていることや、気軽に面談までできるという点に定評があるようです。人生で2番目に大きい出費として挙げられるのが、保険です。見直しをするにも細心の注意を払う必要があります。予想されるトラブルについては口コミなどをチェックして、しっかりと用意をしておきましょう。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。



こちらの不安をあおったり、一方的にメリットを押し付けられたりして理解しきれないまま話を進められるというパターンです。言いたいことはきちんと伝えてすぐに判断するのは辞めましょう。普通はこういったいざこざに対処するサービスが用意されているため、利用しましょう。



大切な決断ですから雰囲気にのまれずにしっかり断りましょう。


インターネットでさっと検索を行えば、世の中には多くの保険無料相談会社があります。
その中で少しでも顧客を獲得しようと、キャンペーンをしているところもあります。その中身はどういったものなのでしょうか。

主に商品券やギフト券、また現金などを貰えるというものでした。



どのくらいの金額が貰えるのかというと、多くは数千円くらいのようです。



大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、こんなサービスも考慮に入れれば諸々のわずらわしさも気にならないかも知れません。
今、巷で話題の保険の無料相談。
資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、お金がかからないというのは不思議な話です。調べてみると、利用者に嬉しい仕組みが分かってきました。


ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。



ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、営業の機会を多く得ることができるため、誰にとっても嬉しいメカニズム(例えば、ストレス太りやリバウンド(医学用語では、薬の使用を止めたことによる病状の再発・悪化などを指すでしょう)が起こるメカニズムを知ることで、予防することも可能になるでしょう)と言え沿うです。



お金をかけずに保険の見直しが出来るというのに、そのうえ商品券まで貰えるなんてオトクですよね。
どうすれば手に入れられるのかというと、実際に面談を行えば良いだけだったり、アンケートに答えたりする必要があります。金額は2000円から7000円と幅広いですがもし数社と面談するなら合計で一万円以上貰える可能性もあります。


当然ですがプレゼントのための面談と判断されたらもらえないので、もらえたらラッキーなものくらいに思っておいて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

保険の無料相談サービスをしているところは、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

そんな中で選ぶなら、FPさんの質をウリにしている会社がお薦めです。面談をいくつかの会社にお願いし立という人によると、どんなFPさんと話をするかによって、同じ内容のはずでも異なるプランを提案されることが多い沿うな。
実際契約をするとなると、FPさんとの関係は長くつづきます。こちらの理想や希望を理解してくれるだけでなく、心から納得できるプランを提案してくれるようなFPさんが数多くいるようなところを選びたいですね。保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、合わない担当者であればかえられたりするサポートダイヤルなどがあります。また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望を伝えておくというのもひとつの方法です。自分の実力に自信を持ったFPさんであればむ知ろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

名が知れた会社だけでも、保険の無料相談をしているところは多々あります。そんな状況で自分の要望ちょうどの会社を捜すのは、考えているより難しいのかも知れません。



最良の出会いをもとめるならランキングも参考になります。
順位付けするにもいろいろポイントがあるので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。よく名前が挙げられる会社でも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、位置づけが上のところから面談を始めてみるなど、それぞれ比較検討をするにも役たつでしょう。
保険相談には自分がお店へ行くタイプと向こうに来て貰うタイプとがあり、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意にそわない契約をしてしまうなどです。


すぐに決め指せようとしてこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、その後の対応についても不安が残るのであまりお薦めすることはできません。
そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族や親せき、などに同席して貰いましょう。

世の中に数多くある保険の無料相談会社にあって、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりしてわりかし身近に感じられる「ほけんの窓口」。来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、口コミや体験談を捜すのに苦労しないところもありがたいです。

FPさんとの最初の面談ではまず基本的な知識の確認から始め、こちらが抱く疑問についてもしっかり答えてくれて多くの人が満足感を得ているようです。



また多くの商品を取り扱っているとのことで、提案されるプランも幅広くなるかも知れません。

保険の無料相談に行く際のお役立ち情報

主な生命保険会社・損害保険会社

ほけんの窓口や保険の見直し本舗で紹介している生命保険会社・損害保険会社のリスト(一部)になります。

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック、アリアンツ生命保険株式会社、FWD富士生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社、エヌエヌ生命保険株式会社、オリックス生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、ソニー生命保険株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、第一生命保険株式会社、チューリッヒ生命、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、ネオファースト生命保険株式会社、マスミューチュアル生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、メットライフ生命保険株式会社、メディケア生命保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、au損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日立キャピタル損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社
※1 アクサダイレクト生命保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社は、通信販売のみの取扱いとなります。
※2 アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、アリアンツ生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社は、当社でご加入いただいたご契約の各種お手続きのみ取扱いしております。
※順不同 ※一部の保険商品は取扱っていません。 ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。

保険の無料相談はお早めに!

保険の無料相談なら!