保険の無料相談

\保険の無料相談なら!/

トップページ > 東京都 > 大田区

保険の無料相談ならほけんの窓口や、保険見直し本舗がおすすめです。

保険を見直したほうがよいと分かっていても、手続きが大変そうだからと先の先延ばしている方はいませんか?

ほけんの窓口保険見直し本舗なら、専門家が比較、見直し、加入手続き、給付金等の請求まですべて無料で対応してくれます。

当サイトでは東京都大田区で保険の見直しを考えている方に、保険の無料相談にのってくれるお近くの保険代理店をご紹介しています。

三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞))になってしまったら高額な治療費がかかります。

がんの手術の場合、内視鏡などでの手術の場合は30万円程度、一部切除となる場合100万円を超えることも珍しくありません。

とはいえ、これらの手術には健康保険が適用されるため3割負担で済みますし、高額療養費制度の手続きをすれば毎月の支払は10万程度に抑えることはできます。

その程度でおさまるならわざわざ見直さなくても…と思われた方、ハッキリ言って甘いです。

抗がん剤などの治療が始まった場合、治療費はもちろんのこと、治療中は副作用などが影響して仕事ができないなどといったリスクも出てきます。

また、高度先進医療を受けることになった場合、公的医療保険の対象外のため全額自費で支払わなければなりません。

これはがんに限ったことではありません。
脳卒中の場合、障害が残ってしまう可能性もあります。

障害が残ってしまった場合、治療やリハビリが長期化することが多く、収入減少のリスクと治療費のリスクが大きな負担になるということも十分考えられます。

手続きが大変そうだからと保険の見直しを先延ばしにしている方は、今すぐ、保険の無料相談に行かれることをおすすめします。

ほけんの窓口や保険見直し本舗なら、面倒な手続きは全て専門家が対応してくれます。しかも費用は一切かかりません

病気は突然あなたを襲います。
先延ばしにしていても健康でいられる保障なんてどこにもありません。

\保険の無料相談といえば!/

速水もこみちでお馴染み!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国631店舗約35社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 来店型保険ショップ店舗数NO.1!
  • 24時間ネットで簡単予約

【ほけんの窓口の相談の流れ】
ほけんの窓口は、電話かインターネットで無料相談予約→意向の整理→保険選びの情報提供→意向の再整理→申し込み手続き→契約内容の再確認(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険選びの情報提供を受けた後でも、現在加入中の保険が本人のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。

【安心の輪サポート】
安心の輪サポートとは、加入後の各種手続き(保険金・給付金等の請求、契約情報の変更等)を1つの窓口で受け付けしてくれるサービスです。
定期的に加入中の保険を確認することができる、安心の輪定期便の発行も行っています。


亀梨和也がCM出演中!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国254店舗約40社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 契約実績100万件以上!
  • 各種変更手続きも一元管理でサポート

【保険見直し本舗の相談の流れ】
保険見直し本舗は、フリーダイヤルかインターネットで無料相談予約→保険の診断+アドバイス→保険のプランの提案→申し込み手続き→各種変更手続きも一元管理でサポート(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険が全くわからないという方でも、基礎からきちんと説明してくれますのでご安心ください。

【情報管理の一元化】
保険見直し本舗はすべて直営店舗です。
引っ越しなどで利用していた店舗への来店が難しくなっても、新居の近くにある保険見直し本舗の窓口にてこれまで通り相談することが可能です。

まとめ

保険の無料相談といえばココ!信頼できる保険の代理店をご紹介します。

東京都大田区の方向けはじめての保険の無料相談Q&A

保険の無料相談に行ってみたいけど、保険の知識がなくても大丈夫かな? 手続きが大変そう…と思われている方も多いかと思います。
まずは保険について、そして保険の見直しや比較について知ることが重要です。
保険の無料相談に関する様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.ほけんの窓口や保険見直し本舗はどうして無料なのですか?

A.保険会社から支払われる契約手数料等で運営しているためです

ほけんの窓口保険見直し本舗などといった保険の販売代理店は、提携している保険会社からの契約手数料で運営されていますので、相談者は無料で利用することができます。

Q.保険料を安くしたいのですが

A.保険を見直すことで安くなる可能性があります

現在加入している保険が自分に合った保障額なのかということを確認することが大切です。まずは、ほけんの窓口保険見直し本舗にて相談されてみることをおすすめします。

Q.ほけんの窓口を利用すると、直接加入するよりも保険料が高くなったりしませんか?

A.なりません

同じ保障内容で同じ保険商品なら、直接加入手続きしてもほけんの窓口保険見直し本舗で加入しても、保険料は一切変わりません。

Q.保険を無理にすすめられるということはありませんか?

A.ありません

現在加入中の保険がライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。無理な勧誘はありませんので安心してご利用ください。

Q.加入している保険が自分に合っているか確認してもらうだけってダメですか?

A.問題ありません

加入中の保険の確認や相談のみでも大丈夫です。

Q.現在保険に加入していないのですが相談にのってもらえますか?

A.大丈夫です

Q.相談に行く際には予約したほうがよいですか?

A.予約をおすすめします

予約者優先のため待ち時間が出来てしまう可能性がありますので、事前に予約をしておくことをおすすめします。

Q.子供と一緒でも相談できますか?

A.大丈夫です

店舗によってはキッズスペースがない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q.自宅で相談にのってもらうことはできますか?

A.大丈夫です

育児・介護等で来店が難しい場合、自宅や職場等で相談にのってもらうことができます。(一部、対象エリアあり)

訪問の場合でも相談料や交通費はかかりませんので安心してください。


Q.生命保険にはどんな種類がありますか?

A.死亡保険、医療保険、収入保障保険等があります。

Q.死亡保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種です。一定期間の保障が続く定期保険と、終身保険等があります。

Q.医療保険とはどういう保険ですか?

A.入院・手術等による医療費に備えるための保険です。差額ベッド代や入院中の生活費等、入院時にかかる費用にも備えることができます。

Q.収入保障保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際にご家族等保険金受取人が保険金を毎月のお給料のように受取ることができる保険です。

Q.がん保険とはどういう保険ですか?

A.がん(悪性新生物)による入院や手術、また通院治療の保障に特化した保険です。

Q.がん保険は入っておいた方がよいですか?

A.加入の検討をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになると言われています。親族にがんなったという人がいたり、喫煙をされている方は特に加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険に入っていればがん保険はいりませんか?

A.いいえ

医療保険でも給付金を受け取ることが可能ですが、保険料が同等の場合医療保険のほうががん保険に比べて給付額は少ないため、がんの特約を付けておいた方が安心です。

Q.妊娠したら医療保険には入れませんか?

A.いいえ

ただし、妊娠がわかってから加入した場合や、5年以内に帝王切開をしたことがある場合等、妊娠・出産の給付に制限がつくことがあります。

そのため、医療保険の検討をしている女性は、独身時や妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

Q.出産を考えていますが、女性保険に加入したほうがよいですか?

A.加入をおすすめします

出産にはリスクがあるため女性保険に入っておけば金銭面で安心できますし、入院が長引くケースも考えられますので加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険と女性保険どちらがよいですか?

A.医療保険でも、女性特有の病気になった際に保障を受けることができますが、女性保険のほうが女性にとって手厚い保障内容になっていますので比較することが大切です。

Q.傷害保険とはどんな保険ですか?

A.損害保険会社が扱うケガや事故に対する保険で、外部の原因によって肉体に傷害を受けた際に一定金額がもらえる保険です。

死亡保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金があります

Q.生命保険は若い内に入っておいた方がいいって本当ですか?

A.本当です

生命保険は、健康状態などの理由によって加入できない場合がありますので、若く健康なうちに入っておくことをおすすめします。

また、生命保険の保険料は年齢によって変わっていく(年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるから)ため、保険料が安くなるというメリットもあります。

Q.若い人でも保険は必要ですか?

A.必要です

病気のリスクは低くても、思わぬケガや事故のリスクは高い傾向にありますので、保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.独身でも保険は必要ですか?

A.必要です

自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、医療保険やがん保険の加入をおすすめします。

治療費をはじめ、仕事を休んだ場合の収入減や、生活費の確保などを考慮して保障を選びましょう。

Q.専業主婦でも保険は必要ですか?

A.必要です

旦那さんが介護することになった場合に起こり得る休職及び収入減や、小さいお子さんがいる場合には保育園や託児所、シッターなどを利用することになるかもしれませんので、万が一に備え保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.アルバイトやパートでも保険に入れますか?

A.加入できます

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員の方でも、保険に加入することはできます。

商品によっては保障額に制限が出たり加入できない場合もありますが、入院になった場合、収入がなくなってしまいますので、保険に加入しておくことで安心して治療に専念することができます。

Q.高齢者でも保険に入れますか?

A.加入できます

年齢の上限は各保険商品や保険会社によって異なります。

Q.無職でも保険に入れますか?

A.入れません

被扶養者や、一定の収入源がある人は保険に加入することができますが、収入源のない無職の人は保険に入ることはできません。

東京都大田区で人が集まる駅は?

アフラート
〒146-0082 0120-007626
東京都大田区池上3丁目40-1
ほけん百花イトーヨーカドー大森店
〒143-0016 0120-561956
東京都大田区大森北2丁目13-1
テールウインドソリューション(合同会社)
〒146-0093 03-3759-0212
東京都大田区矢口2丁目1-24
AFLACアメリカンファミリー生命保険募集代理店鈴木孝雄
〒145-0065 0120-841147
東京都大田区東雪谷4丁目20-14
よくわかるほけん案内蒲田店
〒144-0051 0120-537774
東京都大田区西蒲田7丁目48-7
日本調剤ほけんショップ梅屋敷店
〒143-0015 0120-273600
東京都大田区大森西6丁目15-16-1F
株式会社トライアード
〒143-0023 03-5718-3166
東京都大田区山王2丁目1-8-202
ほけんの窓口大森店
〒143-0016 03-5767-6300
東京都大田区大森北1丁目17-2
有限会社アイシー
〒143-0016 03-5763-8261
東京都大田区大森北1丁目11-1
住友生命保険相互会社新都心支社大田営業部
〒144-0052 03-3730-9107
東京都大田区蒲田4丁目22-3
第一生命保険株式会社/渋谷総合支社
〒144-0052
東京都大田区蒲田5丁目49-9
富国生命保険相互会社/京浜支社/蒲田営業所
〒144-0051 03-3739-4851
東京都大田区西蒲田6丁目32-10
朝日生命保険相互会社/羽田営業部
〒144-0047 03-3743-0156
東京都大田区萩中3丁目6-3
朝日生命保険相互会社/大森営業所
〒143-0016 03-3761-7027
東京都大田区大森北1丁目1-10
朝日生命保険相互会社大森山王営業所
〒143-0023 03-3771-4311
東京都大田区山王2丁目3-10
太陽生命保険株式会社大森支社
〒143-0016 03-3762-5728
東京都大田区大森北1丁目17-4
朝日生命保険相互会社/蒲田営業部
〒144-0052 03-3738-6108
東京都大田区蒲田5丁目12-6
日本生命保険相互会社/東京ベイエリア支社
〒144-0052 03-5711-4193
東京都大田区蒲田5丁目37-1
明治安田生命保険相互会社/品川支社/久が原営業所
〒145-0075 03-3759-5981
東京都大田区西嶺町15-10
明治安田生命保険相互会社/品川支社/大森営業部
〒143-0016 03-5762-2221
東京都大田区大森北2丁目1-1
第一生命保険株式会社/渋谷総合支社/大森営業オフィス
〒143-0016 050-3782-2518
東京都大田区大森北1丁目26-17
第一生命保険株式会社/渋谷総合支社/羽田営業オフィス
〒144-0035 050-8601-2002
東京都大田区南蒲田2丁目4-15

保険の無料相談を考えているときに役立つコラム

世の中には保険無料相談を請け負っている会社がたくさん存在します。そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのはなかなか難しいことでしょう。最良の出会いを求めるならランキングも参考になるでしょう。様々な視点で造られたものなので、会社を選ぶときに見るコツがわかります。



世間に広く知られているような会社でも場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、試しに上から順に複数の会社に依頼してみるなど、上手に利用してくらべてみることも大事です。保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、話し合い中のトラブルの話持ちらほら見かけることがあります。例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意にそわない契約をしてしまうなどです。威圧的な態度をとるなどして断れないような雰囲気を創るようなFPさんがいるところでは、満足なアフターケアも期待できないのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。
そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して面談時には誰かにともにいて貰うなどしましょう。無料で保険の無料相談に乗ってくれる会社の中でも、テレビでCMを見たり町中で店舗を見かけたりしてわりかし身近に感じられる「ほけんの窓口」。来店型の中でも世間の認知度が高い会社なので、体験談等がネット上に色々あるというのも良い点でしょう。FPさんとの最初の面談ではまず基本的な知識の確認から初め、こちらからの質問にも手を抜かず答えてくれる沿うで比較的満足度は高いようなのです。

また多くの商品を取り扱っているとのことで、様々なプランを比較検討しやすいでしょう。

保険を見直すときにはお店に行くにしても家や近所に来て貰うにしても面談は直接会ってするものが多いですが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。どういった流れになるかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけて貰う時間の予約をし、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。通話料もかからないとのこと。



これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。
無料で保険に関する話を専門家とできる機会が得られたなら、その時間を無駄にしないようにしたいものです。
どんな点に注意して見直しをするのかというと、現在の保証内容と一ヶ月の支払額は妥当なのか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。面談までの下準備に自身のライフスタイルを明確にし、できたら今の健康状態についてわかるものを用意しましょう。するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になるでしょう。

また最終的にどこでお願いするかというのはとても重要なので、それについてもしっかり選びましょう。ちょっとネット検索をするだけでも、保険無料相談を行っている会社はたくさんあります。
少しでも多くの人に興味を持って貰うためにキャンペーンをしていたりもします。その中身はどういったものなのでしょうか。多くが商品券やギフト券が貰えるといったものでした。貰える額はばらばらではありますが、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。



人によりは、いくつかの会社と面談をすることも少なくないでしょう。

こういったことを会社選びの参考にすれば面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

タダで保険の相談にのってもらった際、辞めたいなら辞めると言ったら良いワケですが、担当のFPさんがとても良い人だったり細かな資料を用意してもらったりすると、納得できなかった場合に困ることがあるかもしれません。


お金のことですし、即決できるほど簡単なものではないと思います。

断り方の一例として挙げるなら、自分でも考えたいので連絡はいらないときっぱり言っておくことです。それでもしつこいようならその会社のサポートに連絡しましょう。


保険は家に次いで多額の出費になると言われているのです。そのため見直しについては真剣に考えましょう。

予想できるトラブルを前もって下調べするなどして、慌てないようにすることが大事です。


特に無理な勧誘に合った場合どうすれば良いか心配な人は多いと思います。



不安点ばかり強調したり、利点についての説明だけされたりして理解しきれないまま話を進められるというパターンです。

こちらの願望ははっきりと伝え不安を感じたら時間をおきましょう。普通はこういったいざこざに対処するサービスが用意されているので、利用しましょう。


自分でしっかり考えて判断し、無理解のまま流されることのないようにしてください。

自宅で保険についての話合ができたら便利ですが、一方で提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといったサポートダイヤル等があります。



1回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をこちらから明示しておくというのもひとつのテです。



自分の実力に自信を持ったFPさんの場合には他社と比較して検討してもらっても問題ないので、嫌な顔はされないでしょう。専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。


とあるサイトで見てみると一年間に十万を超える人に利用されている会社もある沿うです。それほど多くの人が興味を持っており、また専門家の知識が必要なほど複雑な仕組みをしているとも言え沿うです。



会社ごとの評判をしらべてみますと、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの話が多くあります。

多くはFPさんの質にこだわっていることや、面談の予約等が手軽にできることが魅力的な点だ沿うです。

東京都大田区の方向け保険の無料相談に行く際のお役立ち情報

主な生命保険会社・損害保険会社

ほけんの窓口や保険の見直し本舗で紹介している生命保険会社・損害保険会社のリスト(一部)になります。

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック、アリアンツ生命保険株式会社、FWD富士生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社、エヌエヌ生命保険株式会社、オリックス生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、ソニー生命保険株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、第一生命保険株式会社、チューリッヒ生命、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、ネオファースト生命保険株式会社、マスミューチュアル生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、メットライフ生命保険株式会社、メディケア生命保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、au損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日立キャピタル損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社
※1 アクサダイレクト生命保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社は、通信販売のみの取扱いとなります。
※2 アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、アリアンツ生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社は、当社でご加入いただいたご契約の各種お手続きのみ取扱いしております。
※順不同 ※一部の保険商品は取扱っていません。 ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。

保険の無料相談はお早めに!

東京都大田区で保険の無料相談なら!